割り切った関係がベスト

愛人という言葉を聞くと、世の中の大半の結婚している女性は嫌な気持ちがするかもしれません。けれど、愛人という立場の女性は、それなりに割り切った考えで相手とお付き合いをしている人が多いと思いますし、私はそんなに軽蔑するような気持ちにはなりません。異性の好みは一人一人違うものです。愛人は結構ドライな関係を築いている人たちが多いでしょうし、当人同士が良ければ良いのではないかと思うのです。
愛人と言うと、何だか寂しい感じがする人もいるでしょう。わざわざ愛人なんかに成り下がらずに、堂々と付き合える相手に乗り換えればと思う人もいるでしょう。けれど、それこそ本人からすれば大きなお世話なのです。男性からすれば、愛人になる女性は都合の良い女という存在になるかもしれませんが、それはお互い様ではないかと思うのです。女性側も、それなりに与えられる物はあるでしょう。ですから、ギブアンドテイクな愛人関係を保っているのであれば付き合いやすく、また長続きする関係にもなるでしょう。
あまり深みにハマってしまう位に、相手のことを好きになってしまうと、それこそ最終的には結婚しろだの家族は捨てろだの言いかねません。そこまで相思相愛の関係者になってしまったとしたら、別れがすぐにやってくる可能性は高くなるかもしれません。何故ならば、法律的に妻という立場は強いものです。絶対に別れないとか慰謝料を請求してやるとか、様々な手を使って二人の中を裂かれるケースが多いのです。